温泉の目的

昔は温泉といえば、怪我や病気に驚くべき効能があるありがたい聖地でした。

お湯を使うお風呂がまだ一般的でなく、衛生に関する知識や医療が不十分であった時代には特にそうでした。

鹿や鶴や鷺などの動物が傷を癒した伝説や、弘法大師等高名な僧侶が発見した伝説があったりと神社仏閣と同レベルのありがたい存在。

やがて江戸時代になって農閑期に湯治客が訪れるようになり、身近な施設となっていきました。

昔は湯治のために長く滞在する利用が多かったそうですが、現在では忙しい日本人を象徴するように一泊二日の短期型が主流となりました。


大江戸温泉物語おすすめです。

▼各地の大江戸温泉物語をいますぐチェック!▼
大江戸温泉物語
諸国湯めぐり≪大江戸温泉物語≫

関連記事

  1. 東京都内で大人数で泊まれる温泉
  2. 大江戸温泉グループ城崎温泉きのさきオープン
  3. ソニー損保を利用していれば大江戸温泉が割引に
  4. 大江戸温泉グループ芦原温泉あわらオープン
  5. 社内イベントの景品に北海道の豪華海鮮を!
  6. 東北地方太平洋沖地震による大江戸温泉への影響(2011年5月現在)
  7. 東北地方太平洋沖地震による大江戸温泉物語の休業
  8. 大江戸温泉物語概要
記事一覧